○大切なお願い


皆様は木材製品を何を基準に選んでいますか? もちろんデザインや価格のこともあるでしょう。でもこれから、着目して欲しい点があります・
それは、その製品が「合法木材」で作られているかどうかということです。


○なぜ、合法木材が必要なのか!!


 世界では、その国の法律に違反して伐採、輸出される木材が沢山存在しています。いわゆる「違法伐採」です。日本ではそのようなことはほとんどありませんが、世界中で問題になっており、木材を多く輸入している日本やヨーロッパ、アメリカ等が、利用する木材に対して「合法性の証明」等を付けることを義務付けるようになってきています。
違法で無秩序な伐採が、地球環境を壊していることから、全ての利用する木材は「合法証明」をを付けたものを使おうという取り組みを行っています。

○違法伐採の現状

 毎年排出されるCO2の1/5は森林の減少によるもので、その大きな原因の一つは違法伐採です。国によっては伐採量の5割が違法のところもあります。
日本は、違法伐採の木材を多く輸入している国の一つと言われています。

○あなたが合法木材を使うことが地球環境を救います。

 山形県木産協は、国産材、外材を問わず違法伐採でないことがはっきりしている合法木材を消費者に届ける仕組みを作っており、合法木材認定事業者の認定や定期的な研修会等を行っています。
合法木材に関するご質問は、山形県木産協までお問い合わせください。

○合法木材製品のいろいろ!!

地球の未来のために、、積極的に合法木材製品を活用しましょう。住宅部材だけでなく家具や身の回りの木製品に使われており、私たちが直ぐに生活に取り入れることができるものが沢山あります。


○合法木材の仕組み!

山形県木材産業協同組合では、国の指導を受けながら、木材の伐採から、製材加工、木材市場、木材販売にいたる各組合員が、木材の「分別管理」と「合法性の証明」を連続して行い、最終消費者まで届ける仕組みを作っています。

○合法木材はどこで買えるの?

環境等に配慮して伐採された合法木材については、合法木材証明事業者の手を経て、県民の皆様にお届けすることが可能です。
県内には、約120社の合法木材取扱事業者がおり、注文に応じて合法木材を供給しております。これら取扱い事業者は木産協ホームページでご案内しております。
木材の購入に際して、是非、合法木材使用とご指定願います。


◯どのように合法性を証明しているの?

  1. 森林所有者が伐採する立木の合法性を示す証明書を出し、流通や加工に携わる木材業者がこれらを分別し、証明書を作成、交付して、その連鎖をつくります。
  2. これに携わる資格のある業者は業界団体が認定しています。
  3. 現在認定を行っている団体は130団体以上あり、中央団体の他、都道府県に一つ以上の認定団体があります。